新型コロナ対策

1.当教室の感染症対策の基本的方針

 新型コロナウイルス感染状況が終息していない現状において、感染拡大を防止するため最大限の対策を講じていく必要があります。当教室においては、マスクの着用、アルコール消毒といった基本的対策に加え、いわゆる三密(密閉・密集・密接)を防ぐべく徹底して予防に努めることが重要です。当教室をご利用くださる皆様には、長丁場を前提とした感染拡大を予防する適切な対応と「新しい生活様式」へ移行するため、ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。

2.感染症拡大防止へのご協力のお願い

 当教室をご利用の皆様には、以下ご協力をお願い申し上げます。

 入室前の検温手指等のアルコール消毒マスク着用

 当教室の従業員もしくは受講生に新型コロナウイルス感染の疑いが生じた場合、

  予告なしに授業を中止させていただくことがございます。

  ※中止となった授業は振替をいたします。

 感染が疑われる場合の「受講自粛」のお願い

 以下条件に1つでも当てはまる場合は、受講を自粛していただきますようお願い申し上げます。

入室前の検温により37.0度以上の発熱や軽い風邪症状(のどの痛みや咳、発熱等いずれか)があった場合。

新型コロナウイルス感染症「陽性」とされた方との濃厚接触がある場合。

同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合。

過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間が必要と発表されている国・地域等への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある場合。

3.教室内の具体的感染予防対策について

 当教室では、主に以下のような防止策を講じております。

⑴ 玄関、各教室にアルコール消毒液を設置。

⑵ 各教室机上に、講師と受講生を隔てるアクリル板設置。

⑶ 講師は常時フェイスガードを装着して授業。

⑷ 授業中のこまめな換気と、定期的な備品(机、椅子、ドアノブ等)のアルコール清拭消毒。

https://miya-hangeul.com/school/wp-content/uploads/2020/09/フェイスガード.jpg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事